戦争

【涙腺崩壊に耐えられる?】プライベート・ライアンのストーリーと名シーンをネタバレ動画で紹介!

プライベート・ライアンのあらすじと名シーンをネタバレ動画で紹介

「プライベート・ライアン」(現代:Saving Private Ryan)は、1998年に公開された第二次世界大戦のアメリカとドイツの戦争を描いた映画です。

舞台は1944年、ドイツが占領する西ヨーロッパ、フランス。

連合軍がノルマンディー海岸から侵攻するノルマンディー上陸作戦(正式名、ネプチューン作戦)で司令部から特命を受けた部隊がある一人の兵士を探し出し、連れ帰るというストーリー。

ミラー大尉率いる部隊メンバーが、ライアンを探す過程でドイツ軍と戦い、戦争の理不尽さや、仲間との絆を経験していく、男気溢れる戦争ドラマになっています。

そんな「プライベート・ライアン」を見逃してしまったあなたのために、作品の大まかなあらすじと見どころを紹介し、「プライベート・ライアン」を観るべきかどうか判断できるようにお手伝いします!

※題名の「プライベート」は階級のない兵士の身分を指します。「プライベート・ライアン」は「二等兵のライアン」と言う意味です。

【ネタバレ】ストーリーの全容をざっくり紹介

プライベート・ライアンのあらすじと名シーンをネタバレ動画で紹介

まずは「プライベートライアン」の登場人物やその関係性、全体のストーリーをざっくりまとめて紹介します。

時間がない場合はこの章だけで、全体像がつかめるはずです!

もしあなたに時間がない場合は、こちらの予告動画を観るだけでも雰囲気がわかると思います。

なお、時代背景への理解を深めたい場合は同じく第二次世界大戦時のアメリカとドイツを描いた「フューリー」もオススメです。

フューリーのストーリーと名シーンをネタバレ動画で紹介する記事
【衝撃のラスト】フューリーのストーリーと名シーンを全てネタバレ!しかも無料動画で紹介!「フューリー」は2014年に公開された、第二次世界大戦時代を描いた戦争映画です。 舞台は連合国軍がナチス・ドイツに対して最後の攻勢...

本作のストーリー上、重要なポイントを先に伝えておくと以下の通りです。

主な登場人物
  • ミラー大尉:部隊の指揮官で元教師。部下の信頼が厚い
  • マイク軍曹:ミラーの右腕。隊員に厳しい
  • ライバン:隊員。ライアン救出任務に否定的
  • ジャクソン:隊員。優秀な狙撃手
  • メリッシュ:隊員。ユダヤ人でドイツ軍を嫌う
  • カパーゾ:隊員。ドイツ人少女を引き取ろうとする
  • ウェイド:ミラー隊の衛生兵
  • アパム:通訳として隊に加わる非戦闘員
  • ライアン:ミラー隊の救出任務対象

的確な作戦で各地の任務をクリアし、隊員からの信頼が厚いミラー大尉と7人の隊員たち、そして救出任務の対象となるライアン二等兵の計9名が本作の主要登場人物です。

彼らの性格やキャラクターがそれぞれ違っているので、隊員一人一人に注目して観てみるとその都度新しい発見があって見ごたえのある作品です。

特にオススメは「指揮官ミラーの視点」「無茶な指令を受ける隊員」「特別扱いされるライアン」の3つの視点で観ることです。

ストーリー要約
  1. オマハ・ビーチで作戦を成功させたミラー中隊
  2. 参謀総長からライアン救出の指令
  3. 途中、カパーゾ・ウェイドが殉職
  4. ライアンと出会うも命令を拒否される
  5. ミラー隊も残ってドイツ軍と戦闘へ
  6. 隊がほぼ全滅したところで援軍到着
  7. 年老いたライアンがミラーの墓に敬礼する

「プライベート・ライアン」は強い絆で結ばれた部隊が困難な任務に挑む映画です。

1人の兵士を救うために8人の命を危険にさらす任務に対して、お互いを大切に思っているチームだからこそ衝突したり、反抗するメンバーが現れます。

一方で司令官のミラーは「妻に誇れるように任務を果たす」という信念でチームをまとめ、淡々と任務を進めていきます。

現場目線、司令官目線など、様々な角度で楽しめる名作です。

【90秒でわかる】「プライベート・ライアン」のストーリーを大まかに紹介!

プライベート・ライアンのあらすじと名シーンをネタバレ動画で紹介

ここではストーリー全体を90秒で理解できる程度にまとめ、大まかなストーリーを紹介していきます。

あなたがプライベートライアンを観ていなくても、これを読めばざっくりしたあらすじをつかむことができます。

1【3人のライアン】

  1. 老人が墓地を見て泣き崩れる
  2. 1944年オマハビーチにミラー中隊が上陸
  3. ライアンの母親に3通の訃報が届く
  4. 参謀総長が報告を受け残る1人の帰還指令を出す
  5. ミラーに参謀総長からが指令が出る
  6. 通訳に地図係のアパムを加える

 

2【困難な任務】

  1. 隊員は任務に納得いってない
  2. 民間人の子供を抱いたカパーゾが撃たれる
  3. ライアンを探し当てるも人違い
  4. ミラーも指令の内容には不納得
  5. 准将一人のために22人が死んだ現場を見る

 

3【ミラーの過去】

  1. 敵の基地を発見、ミラーの指示で戦闘へ
  2. ウェイドが戦死する
  3. 隊員たちの反対の中ミラーが捕虜を逃がす
  4. ミラーが自分の過去を明かす

 

4【ライアンとの出会い】

  1. 戦闘で偶然にもライアンに出会う
  2. ライアンは帰還命令を拒否
  3. 戦場の兄弟を見捨てられないとライアン
  4. ミラーは全員で生き残って帰る道を選択

 

5【最後の戦い】

  1. 敵に奇襲をかけ橋を爆破する作戦
  2. 善戦するも物量に押されていく
  3. 隊員が次々と戦死していく
  4. 起爆装置を取ろうとしたミラーが撃たれる
  5. ドイツ軍の戦車が橋に侵入

 

6【生きのびろ】

  1. アメリカ軍の飛行機が戦車を倒す
  2. ミラーがライアンに生きのびろと伝える
  3. 冒頭の老人はライアン
  4. 妻に「いい人生だったか?」と聞く

ストーリーは、4人兄弟のうち最後の生き残りである末っ子のライアン二等兵を救出せよとの参謀総長命令がくだることから始まります。

たった一人の兵士(それも二等兵!)のために、次々と仲間が戦死していく状況に、隊員たちは不満を募らせていきます。

隊員の不満が爆発しそうになった時、ミラー大尉は今まで語らなかった自身の過去を明かすとともに、「故郷の妻に胸を張れる任務をしたい」と、この指令に対しての自身の考えを伝え、皆をまとめます。

2名の仲間を失った末にようやくライアンと出会うのですが、彼は自分だけが戦場を去れないと命令を断ります。

「ライアンを置いて帰るか」「一緒に戦って帰るか」の選択でここでもミラー大尉は「胸を張れる方」を選び、全員で戦うことに。

善戦はするものの圧倒的な物量の差に次々と隊員が戦死していき、絶体絶命のピンチにようやく味方の爆撃機がドイツ軍を撃破します。

瀕死のミラーは最後に、「自分たちの死をムダにせず、生き延びて欲しい」とライアンに伝えて亡くなります。

戦争という、理不尽な状況で母親に「兄弟全員死亡」の通知を届けてはならないという大義のために一見すると釣り合わない犠牲を払ってでも任務をやり遂げていく、勇気と信念と団結の大切さを思い出させてくれる最高のストーリーになっています。

【口コミ】「プライベート・ライアン」の感想を分析!

プライベート・ライアンのあらすじと名シーンをネタバレ動画で紹介

ネット上には「プライベート・ライアン」について様々な投稿があります。

ここでは、Twitterに投稿された「プライベート・ライアン」についての意見をいくつか取り上げて、傾向を解説します。


まず驚くのが、20年以上前に公開された映画にもかかわらず、未だに本作に関する投稿が多いことです。

筆者も公開当初からなんとなくタイミングを逃してしまっていた一人ですが、改めて観てみると全て描写がリアルです。

下手にCGに頼って「技術で魅せる」仕上がりになっていないので、何年たってもそのクォリティに驚かされるのだと筆者は分析します。

とにかく名作です。

描写がすごすぎて、人によっては不快な気分になる可能性もありますが、それくらい描写がすごいということを理解してください!

【名シーンの紹介】悲惨さと美しさに胸が詰まるドラマ

プライベート・ライアンのあらすじと名シーンをネタバレ動画で紹介

ここでは「プライベート・ライアン」の中でも特にあなたに観てほしい名シーンをピックアップして紹介します。

シーンは全部で3つですが、それぞれ長いのでいくつかの動画に分けています。

この3シーンをおさえておけば、「プライベート・ライアン」の要所を理解したといえますので、少しボリュームはありますが見てください。

【名シーン①】全てはここから始まった、リンカーンの手紙

プライベート・ライアンのあらすじと名シーンをネタバレ動画で紹介

「プライベート・ライアン」はたった一人の二等兵のために優秀な8人の兵士が命をかけて救出にいくという、理不尽であり非合理な作戦です。

その作戦の起点となったのがこのシーン。

ライアン4兄弟のうち3人が戦死していることが参謀総長に報告されます。

南北戦争時代にリンカーンが書いた手紙をもとに、複数の兄弟が全て戦死してしまうという悲劇を繰り返してはならないと決断されたものでした。

不条理な戦争の中で、たった一つの大義名分のために多くの人間が命をかけて挑む勇気と美しさに涙が止まりません。

作品中で参謀総長が読んだ、「リンカーンがビクスビー夫人にあてて書いた手紙」の実際の内容を日本語、英語でもそれぞれ載せておきます。

日本語

奥さま

マサチューセッツ州陸軍局より、報告書が送られてきました。

5人のご子息が名誉の戦死をとげられたと

どのような言葉をもってしても

あなたのお悲しみを癒すことは不可能でしょう。

しかし合衆国連邦に命を捧げたご子息たちに

我々は深い感謝を捧げます。

願わくは神があなたの悲しみを和らげ

幸せな思い出だけをあなたに残すことを

自由の祭壇に捧げた尊い犠牲、それを誇りとして下さい。

心より敬意をこめて

アブラハム・リンカーン

英語

Mrs. Bixby

Boston, Massachusetts

Dear Madam:

I have been shown in the files of the War Department a statement of the Adjutant-General of Massachusetts that you are the mother of five sons who have died gloriously on the field of battle.

I feel how weak and fruitless must be any words of mine which should attempt to beguile you from the grief of a loss so overwhelming.

But I cannot refrain from the tendering to you the consolation that may be found in the thanks of the Republic they died to save.

I pray that our heavenly Father may assuage the anguish of your bereavement, and leave you only the cherished memory of the Loved and Lost, and the solemn pride that must be yours to have laid so costly a sacrifice upon the altar of freedom.

Yours very sincerely and respectfully,

A. Lincoln

【名シーン②】オマハ・ビーチでの戦闘シーン

プライベート・ライアンのあらすじと名シーンをネタバレ動画で紹介

冒頭で最初に行われる戦闘シーン。

ミラー中隊がボートでドイツ軍が占拠するビーチに上陸し、攻め上がっていく作戦ですが、とにかく悲惨すぎます。

高いところから重火器で一方的に攻撃され、なすすべもなく死んでいく隊員たち。

逃げ場もなく、ただただ前進していくしかない状況の中でミラー中隊が任務を成功させるわけですが、この冒頭の戦闘シーンだけで、戦争の悲惨さや理不尽さ、怖さを一気に理解することができます。

描写がリアルすぎてグロテスクなシーンもあるため、あなたが苦手な場合は動画の視聴は避けたほうがいいかもしれません。

ただ、本作の背景を理解する上でもっとも有効なシーンだと筆者は思います。




【名シーン③】次々と死んでいく仲間たち

プライベート・ライアンのあらすじと名シーンをネタバレ動画で紹介

ライアンから帰還命令を断られたたミラー隊が「胸を張れる方」として、一緒に戦って全員が帰るために戦うシーン。

意気込みは素晴らしく、士気も高いのですが、現実は甘くなく残ったわずかな兵器に対してドイツ軍は最強の装備で容赦なく攻撃してきます。

はじめは善戦していた隊員たちも、弾が切れ、仲間がやられていく中で徐々に押されていきます。

一人、また一人と戦死していく仲間たちが、ライアンを帰還させるというただ一つの目的のために散っていくことの儚さと美しさを感じることのできる深いシーンです。

目を背けたくなるかもしれませんが、信念と貫いた姿をぜひ観てください。


【無料視聴】プライベート・ライアン全編を高画質で見る方法

動画を無料で視聴できる方法を紹介

いかがでしたか?

実際はもっとたくさんの見どころや泣きどころがあり、紹介しきれないので、ぜひ最初からエンディングまでしっかり観て欲しいと思います!

「レンタルは面倒だなぁ…」

そうですよね。

映画を全編しっかりと観ようとすればDVDやBlue-rayをレンタルショップで借りてくるのが一般的ですが、借りにいくのも返しにいくのも時間と手間がかかってしまいます。

そこで、筆者は定額見放題の「動画配信サービス」をオススメします。

動画配信サービスとは?

インターネット回線を通して、PCやスマホ、TVで映画やドラマを見ることができるサービスです。

利用者が多く、大手サービスとしてはドコモが提供する「dTV」、国内コンテンツに強い「U-NEXT」、海外発のサービスで日本に上陸した「Netflix」や「hulu」などがあります。

あなたが海外映画やドラマを見る場合は、海外発のサービスであるNetflixhuluが特にオススメです。

「無料で観れるサービスはないの?」

一部の海外サイトには映画がまるまる無料で視聴できるものもありますが、画質が悪い上に違法行為となってしまうため、筆者はオススメしません。

プライベート・ライアンを無料で全部観たい!という場合は、Netflixやhuluの無料トライアルを活用してみてください。

Netflixなら1ヶ月間、huluなら2週間無料で試すことができ、気に入らなければ途中で解約ができる(しかも無料期間中の解約ならお金がかからない!)ので使わない手はないでしょう。