アクション

【無料動画アリ】ネタバレ注意!ワイルドスピードX2のストーリーとみどころをざっくり紹介!

ワイルドスピードX2のネタバレ紹介記事

「ワイルドスピードX2」といえば、2003年に大ヒットしたカーアクション映画です。

同じく2001年に大ヒットした前作、「ワイルドスピード」の続編として公開されました。

筆者が知る限り、日本製のスポーツカーがここまでフォーカスされているハリウッド映画は他にありません

本作は前作以上に派手なカーアクションのシーンが多く、難しいことを考えずにスッキリしたいあなたにはピッタリの映画です。

そんなワイルドスピードX2を見逃してしまったあなたに、あらすじから名シーンを惜しみなく紹介し、解説していきますので最後までお読みください!

【ネタバレ】ストーリーの全容をざっくり紹介

ワイルドスピードX2のあらすじや名シーンを動画を使って紹介するコンテンツ

まずはワイルドスピードX2の登場人物やその関係性、全体のストーリーをざっくりまとめて紹介します。

時間がない場合はこの章だけで、全体像がつかめるはずです!

本作の設定は前作からの続きとなっており、警察を追われたブライアンが新たな仲間たちとともに悪いやつをぶっとばす爽快なカーアクション映画に仕上がっています。

続きといっても前作から出演しているのは主人公のブライアンと脇役のFBI捜査官ビルキンスだけで、ヒューマンドラマ要素はほとんどありません。

ただ、会話のところどころに前作の内容を補足するような表現もあるため、「ワイルドスピード」を観た上で本作を観るとより楽しめます!

⬇︎ワイルドスピードを解説した記事はコチラ!

映画ワイルドスピード
【衝撃のラスト】ワイルドスピードのストーリーと見逃し厳禁の名シーン・動画をネタバレ覚悟で紹介!「ワイルドスピード」といえば、2001年に大ヒットしたカーアクション映画です。 その人気は衰えることがなく、2~3年周期で次回作が...

【30秒でわかる】ワイルドスピードX2の大まかなストーリー紹介

まずは全体のストーリーの紹介です。

あなたがワイルドスピードX2を観ていなくても、これを読めばざっくりしたあらすじをつかむことができます。

1【警察との取引】

  1. ストリートレースの欠員に呼ばれてブライアン登場
  2. レースで勝利するも警察に逮捕される
  3. FBIから前科の抹消と引き換えに潜入捜査を依頼される
  4. ブライアンは相棒に幼馴染のローマンを指名
  5. 殴り合いにの末ローマンが潜入捜査を承諾する

 

2【潜入捜査】

  1. ランエボ・エクリプスの支給を受けて潜入開始
  2. 無事にベローンから認められ運び屋を命じられる
  3. ブライアンとローマンは足のつかない車をレースで調達
  4. ベローンが警察官をネズミを使って拷問する

 

3【ストリートレーサー!】

  1. ブライアンとローマンはテズと悪巧みを考える
  2. ベローンの手下と金を乗せて依頼遂行スタート
  3. 大量のパトカーに追跡され派手なカーチェイス
  4. ピンチになるもテズや仲間の協力で切り抜ける
  5. ベローンにモニカとブライアンの身分がバレる
  6. ブライアンが殺されそうになるもローマンに助けられる
  7. ブライアンとローマンでベローンの船に車でダイブ!
  8. ローマンを倒し、拉致されたモニカを助け出すことに成功

ワイルドスピードシリーズのストーリーは基本的に「ストリートレーサーたちが悪い奴らを懲らしめる」という、シンプルでハッピーエンドな構成です。

また、本作に登場するローマンとテズは、次回作以降にも登場し、ブライアンの信頼できる仲間になっていくため、性格や行動をよく観ておきたいところです。

【特にオススメ】こんな人たちには特にハマる!

  1. 前作でワイルドスピードにハマった人
  2. スポーツカー(特に日本車)好きな人
  3. セクシーな美女との恋愛が好きな人

特にワイルドスピードX2では前作以上に「日本車が多く登場し、大活躍」する点が特徴的です!

街中で何度もレースするのですが、「日本車VS外車」という展開が多く、ことごとく日本車が外車を打ち負かすという、日本人がスカッとする内容となっています!

【正統派カーアクション!】名シーンの紹介

ワイルドスピードX2が正統派カーアクションである名シーンを紹介

冒頭でも伝えましたが、本作は前作に増してカーアクションがすごいんです!

難しいことは一切なし!

かっこいい日本車と派手なドライビングテクニックを堪能してください!

ここでは特に3つのカーアクションをピックアップして紹介します!

スマホの場合はイヤホンつけて、必ず音を出して観てくださいね!

【名シーン①】これぞワイスピ!冒頭のストリートレース勝負

前作は直線コースでただひたすら速く走る「ゼロヨンレース」でしたが、今作の冒頭は街中を走るストリートレース!

しかも、何より興奮するのは出場する車はすべて日本車という点、何度観ても心拍が上がります!

出場している車種はブライアンの日産GT-R、それ以外はピンク色がホンダのS2000、赤色のマツダRX-7、ゴールドがトヨタスープラと、日本の主要メーカーが出揃っている顔ぶれ!

そして驚くべきはブライアンのテクニックがものすごく上がっている点!

前作の冒頭でまっすぐ走ることすら危なっかしかったブライアンですが、レース相手から「ちぇっ、ブライアンかよ」と捨て台詞を吐かれるほど強敵になっているんです!

成長したブライアンを観てやってください(笑)

【名シーン②】もっと日本車が好きになる!日本車が外車を圧倒!

ワイルドスピードX2は日本車のスポーツカーがたくさん出てきて名シーンに登場する

ベローンの依頼を受けるドライバーを選定する試験で、押収されたフェラーリから大事なブツを持ち帰るミッションに6台の車がエントリー。

ハイウェイを走る車たちをどんどん追い抜かしていくわけですが、途中、ブライアンとローマンがトラックの間をすり抜けた後でマスタングが同じことをしようとして踏み潰され、ぐしゃぐしゃになってしまうシーンがあります(↓の動画で1:40あたり)

また、潰れたマスタングにコルベットが衝突し、日本車が圧勝するというスカッとしたシーン!

日本人なら観てほしい!

しかも、ブライアンとローマンが乗っているのは三菱製のランエボとエクリプス!

今でこそスポーツカーを作らなくなってしまった三菱ですが、特にランエボはGT-RやWRXと並ぶ超人気のスポーツカーなのです!

主人公たちが乗る車がすべて三菱製というところも胸熱で、隠れたみどころですね!

【名シーン③】今作一番のピンチ逆転シーン!

ベローンからの運び屋依頼を受けて、手下の殺し屋を助手席に乗せて、金を運ぶブライアンとローマンが、警察からも追われて徐々に包囲されていきます。

筆者も「さすがにこれは詰んだかな。。」と思ったところに、テズをはじめとしたレーサー仲間の協力によって助かるんです!

しかも、逃げ切れるだけじゃなく、逆転の仕掛けも準備してあって、これはスッキリしますよ!

しかも、協力してくれたドライバーの中には冒頭のレースでブライアンに負けてお金を取られた面子が全員いるじゃないですかw

昨日の敵は今日の友ですね!

※↓の動画は確実にネタバレになるため、全編を観たい!という方は絶対に再生しないでください!

【玄人向け】気づくと気持ちいいマニアックなポイントを紹介

ワイルドスピードX2のマニア向けて名シーン、ポイントを紹介する

ワイルドスピードを100倍楽しむためにマニアックポイントを紹介します。

あなたがすでに観たことがある場合でも、ここで紹介する視点を持って再度視聴してみると新しい発見があっていいですよ!

ここでは、3つのエピソードや裏話を紹介します。

【玄人目線①】なぜ前作でドミニクを逃したのか?

ワイルドスピードのラストシーンで、ゼロヨンレースで負傷したドミニクをブライアンが逃がす場面を思い出してください。

なぜドミニクを逃がすのか、台詞や説明はありませんでしたが、運び屋に出発する直前、ローマンにブライアンがその意図を明かします。

ブライアンはドミニクに、車の盗難で対処・収監されたローマンを重ねていたと。

親友のピンチを助けてあげられなかった後悔の強さがわかるシーンでグッときました。

【玄人目線②】出演者が実は◯◯だった!

前作では冒頭のゼロヨンレースにラップシンガーのJaRuleが登場していましたが、今作にも「隠れキャラ」が存在します。

テズ役を演じたリュダクリスです!

実は、大物ラップシンガーなんです(笑)

彼の歌に興味がある方はこちらの動画をご覧ください

【玄人目線③】未公開映像!前作→今作にどうつながっているのか?

実が、ワイルドスピードX2には公開されていないシーンが存在します。

前作でドミニクを逃してしまったブライアンが、マイアミにたどり着くまで、またGT-Rでレースに出るまでの流れがわかる動画がYouTube上にアップされているので紹介しておきます!

これを観た上で、もう一度冒頭のレースシーンを観るとブライアンの身に起きた苦労に胸が熱くなること間違いありません!

【無料視聴】ワイルドスピードX2全編を高画質で見る方法

動画を無料で視聴できる方法を紹介

いかがでしたか?

実際はもっとたくさんの見どころや泣きどころがあり、紹介しきれないので、ぜひ最初からエンディングまでしっかり観て欲しいと思います!

「レンタルは面倒だなぁ…」 

そうですよね。

映画を全編しっかりと観ようとすればDVDやBlue-rayをレンタルショップで借りてくるのが一般的ですが、借りにいくのも返しにいくのも時間と手間がかかってしまいます。

そこで、筆者は定額見放題の「動画配信サービス」をオススメします。

動画配信サービスとは?

インターネット回線を通して、PCやスマホ、TVで映画やドラマを見ることができるサービスです。

利用者が多く、大手サービスとしてはドコモが提供する「dTV」、国内コンテンツに強い「U-NEXT」、海外発のサービスで日本に上陸した「Netflix」や「hulu」などがあります。

あなたが海外映画やドラマを見る場合は、海外発のサービスであるNetflixhuluが特にオススメです。

「無料で観れるサービスはないの?」

一部の海外サイトには映画がまるまる無料で視聴できるものもありますが、画質が悪い上に違法行為となってしまうため、筆者はオススメしません。

ワイルドスピードX2を無料で全部観たい!という場合は、Netflixやhuluの無料トライアルを活用してみてください。

Netflixなら1ヶ月間、huluなら2週間無料で試すことができ、気に入らなければ途中で解約ができる(しかも無料期間中の解約ならお金がかからない!)ので使わない手はないでしょう。